カードローンのカードを持たなくても借りられる

カードローンを利用するときは、カードをATMに入れて借り入れや返済の手続きを行います。このカードにはいくつかの種類があります。消費者金融の場合には、専用のカードが届くのが一般的です。ですから、口座開設をすれば新しいカードを一枚持たなければなりません。

 

銀行のカードローンの場合には、銀行のキャッシュカードをそのまま使うことができる場合があります。銀行のキャッシュカードをそのまま使うことができれば新たにカードは増えませんから、多くのカードを持ちたくない人には適しています。クレジットカードを利用すればお金を借りることができますが、この時にも新たにカードを持つ必要はありません。

 

専用のカードを持たないメリットは、カードローンを使っていることが分かりにくいことです。お金を借りることは悪いことではありませんが、やはり借りていることを知られたくない人は多くいるようです。このような人の場合には、キャッシュカードやクレジットカードと一体になったものを利用するのが良いです。

 

また、最近ではインターネット上で手続きができるために、カードを発行しないものもあります。ネットキャッシングと言われるもので、これを利用すればカードを持たなくても良いです。